オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

ブログ(2018年)

自動車税の季節到来!

投稿日:

自動車税は、毎年4月1日の実質的な所有者に課税される地方税です。

そして横浜市の場合、おおむね4月下旬に自動車税納税通知書が送付され、5月1日ごろに届きます。

ということで、平成30年度の自動車税納税通知書がゴールデンウイーク中に届いていました。

平成30年度 自動車税納税通知書

スポンサーリンク


BMW Z4 納税金額

納税額は、エンジンの排気量に応じて決められています。

愛車のBMW Z4(E85)は、3000ccということで、51,000円と言いたいところですが、年式が平成16年ということで、約15%の重課となっています。

新規登録(新車)からの年数が13年を経過したガソリンエンジン搭載車は、他の排気量区分も同様に、約15%の重課となります。

平成30年度だと、平成17年式のZ4であれば、通常課税で済むかと…。

ということで、私のBMW Z4の納税金額は!

58,600円

自動車税(年額)

BMW Z4(E85)だと、「2.2L」「2.5L」「3.0L」「3.2L」の設定が有るので!

以下の3パターンのいずれかに該当すると思います。

45,000円(51,700円)

51,000円(58,600円)

58,000円(66,700円)

※(重課の場合)

BMW Z4(E85) 中古車 購入

約15%の上乗せ課税の負担を考えると、前期型よりも後期型のほうが負担は軽いです。

ただ金額差は1万円未満なので、中古車価格を考えれば、断然!前期型が安くて手ごろです。

個人的に未だ後期型を運転したことが無いですが、今の3.0iで出力的には十分ですし、6速ATではなく5速ATですが、何の不満もありません。

でも後期型の走行5万キロ以下でも支払総額100万円以下で手に入る個体も0ではないので、どちらが良いかは、あまた次第です。

⇒ 支払総額100万円ちょいまで

↑数は少ないですが…。

⇒ BMW Z4(E89)一覧

⇒ BMW Z4(E85)一覧

※いずれもカーセンサ内を検索。

-ブログ(2018年)

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.