オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

BMW Z4(E85) 前期 DIY

エンジンオイルフィルター交換! 前期 Z4(E85) 3.0i

更新日:

前期型 BMW Z4(E85) 3.0i のエンジンオイル交換と合わせて、エンジンオイルフィルターも交換しました。

エンジンオイル交換では、特別な工具は不要でしたが、フィルターの交換ではフィルターのカバーを取り外すための工具が必用です!

オイルフィルター交換

国産車とは違って、交換作業のしやすい位置に、エンジンオイル用フィルターが付いています。

BMW Z4(E85) 3.0iのエンジンオイルフィルターの位置

ジャッキアップも不要なので、DIYでの交換も楽で良いです!

エンジンオイルフィルター(ズーム画像)

フィルターカバーの頭の形状が、36mmの六角なので、ソケット+レンチがあれば回転させられます。

下側部分にも凸凹があるので、市販のフィルターレンチ等でも回せそうです。

ただ、材質的にはプラスティックの様なので、なめたり割れたりするリスクを考えると、36mmのソケットを使った方が確実だと思います。

スポンサーリンク


フィルターキャップの取り外し

反時計回りに回して行くと外れました。

エンジンオイルフィルターキャップ(カバー)

フィルター自体は、エンジン側(ハウジング)に残っていました。

写真を取り忘れたようですが、ハウジング内に残っていた古いオイルは、バキュームポンプで綺麗に吸い出しました。

ハウジングの外側にオイルが垂れることは無かったですが、念のため養生しておくのも良いと思います。

すぐ下にオルタネーター等もあるので!

フィルターハウジング側に残った旧フィルター

予め購入しておいたフィルターと見比べてみたところ、少し形状に違いが!

新旧のオイルフィルター比較

フィルター部分も少し長いですし、芯が入る部分の径も少し小さいです。

それでも、高さ(全長)に関しては、同じに見えます。

それと、フィルターカップ側に差し込めたので、問題ないと判断!

また、ボッシュ(BOSCH)の適合表を見て選んだので、大丈夫でしょう。

品番:OF-BMW-7

準備しておいたボッシュのオイルフィルター

旧Oリング(パッキン)を取り外し、清掃後、フィルターに附属していたOリングに、新品オイルを塗って、組み付けました。

締め付けトルクは、キャップの頭に25N・mとあったので、トルクレンチを利用して、規定値で締めました。

新品のオイルを給油した後、エンジンスタート!

しばらくオイル漏れなどが無いか?

観察して、特に問題は見られなかったので、とりあえず終了。

あとは、日常点検などでも、オイル漏れが出ていないかチェックです。

使用したオイルフィルター

品番:OF-BMW-7

後期型だと、品番が違うので注意!

⇒ アマゾンで購入

-BMW Z4(E85) 前期, DIY

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.