オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

故障・不具合 BMW Z4(E85) 前期

エンジン フードのロックを解除するのが一苦労!

投稿日:

このBMW Z4(E85) 3.0iを購入した当初から気になっていましたが、頻繁にボンネットを開けるわけでもないので、放置していました。

何を放置していたのかというと、エンジン フードを開ける際に、運転席側ダッシュボードの下にあるレバー(オープナー)を普通に引いてもロック解除の第一段階であるフードの隙間が出来ない症状です。

フードのほうが全く無反応!

エンジンフードオープナー(レバー)

スポンサーリンク


改善策(方法)

輸入車で年式が古いことから、ワイヤーあたりが伸びてしまっていて、かなり強い力で引かないとダメなのかなと!

手前に尋常じゃないくらい引くとボンネットが浮くのです(汗

でもそのうち開かなくなるでは?という不安もありましたが…。

実はそうではないようです。

ワイヤーに不具合があるのではなく、単なる潤滑不足で、この症状が発生するようです。

ということで、試しにロック部分にあったバネ二か所と周辺に潤滑剤を吹きかけて、5分ほど待ってみました。

ボンネット フード ロック部分

なんということでしょう!

今までの症状が嘘のだったかのように解消され、普通にレバーを引くだけでボンネットが浮き上がりました。

同様な症状が出ている方は、ひとまず試してみる価値があると思います。

呉 CRC 5-56

今回、潤滑剤として使用したのが、KURE CRC 5-56なので、この良好な状態が何時まで続くかは不明です。

定期的に吹きかけておけば間違いないかなと思いますが、また渋くなるまで放置してみようと思います。

-故障・不具合, BMW Z4(E85) 前期

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.