オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

マストアイテム

JINSのカラーコントロールレンズを試してみた!

更新日:

オープンカーに限りませんが、クルマの運転にサングラスは欠かせません。

私も色々とサングラスを所有していますが、JIN's オンラインショップで見つけた!

カラーコントロールレンズが気になったので、車の運転で使用した場合、どんな感じになるのか?試してみました。

J!NSで購入したサングラス

スポンサーリンク


カラーコントロールレンズ

JIN's オンラインショップの「レンズについて」を見ていただくと良いと思います。

室内ではメガネ、屋外ではサングラスとして。紫外線量で色が変わる2wayレンズ

との説明です。

COLOR CONTROL LENS

実際のところどうなのか?

JINSの店舗に行って、店員さんに聞いてみました。

用途は、自動車の運転で!

すると、最近の車は、視界線カットのガラスが採用されているので、車内だとレンズ色の変化は期待できないとの回答でした。

では、オープンカーではどうか?

ここ気になったわけです。

愛車のBMW Z4のフロントガラスがUVカットの機能を持っているかは不明でしたが、屋根をオープンした状態なら紫外線が車内に入ってくること間違いなし!

ということで注文しました。

幸いなことにレンズの在庫があり、他のお店で買い物しているうちに出来上がりました。

さっそく試してみた所、屋根を開けていない状態では、レンズ色の変化なしです。

これは予想通り!

次に屋根を開けて、どうなるか確認しました。

少しは変化するかなと思いましたが、ほとんど色の変化は見られず。

でも僅かに色がついたような感じも…。

レンズの後ろから見ると、室内でも完全にクリアーな状態では無いようです。

それならと、幌の上に置いて変化を見てみました。

カラーコントロールレンズの変化

さすがに直で紫外線を当てているので、レンズが黒く変化しました。

ただ真っ黒になるようなところまでは、変わりませんでした。

紫外線量が急増する4月以降だと、また違う結果になるのかもしれないですが…。

それと、このメガネ一つで昼間と夜間をカバーできたら便利だなと思ったのですが、夜だと対向車や後続車両のヘッドライトが、肉眼よりも眩しく感じました。

ということで、JiNSのカラーコントロールレンズは、ドライビングには不向きという結論に!

やっぱりドライブ用なら偏光レンズが良さそうです。

JINSだと、ドライブというレンズもあるようです。

しかも「デイ」と「ナイト」の2種類も!

JINSの安心保証

お渡し日より6ヶ月以内であればフレーム・レンズ合わせて2回までを保証。

ということなので、ドライブのナイトにでもレンズを交換してもらおうかなと!

BMW Z4の場合、車高が低いので、必然的に目線も低い位置になるので、対向車のヘッドライトに加えて、後続車両のヘッドライトも眩しいので。

JINSの購入

オンラインショップが便利です。

20%割引などのクーポンが手に入るときもあるので!

クーポンが配布されているかは、以下の公式サイトでチェック。

JIN's オンラインショップ

ドライブ用レンズ、偏光レンズは、スポーツ用レンズの中に入っています。

-マストアイテム

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.