オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

BMW Z4(E85) 前期 DIY 部品

ウインドディフレクター(社外品)透明アクリル製!

投稿日:

愛車のBMW Z4(E85) 3.0iを中古で購入した際には、ウインドディフレクターが付いていませんでした。

ウインドディフレクターが無いとロールバーの間からの風が体を冷やします!

夏であれば涼しくて良いかなと思いましたが、実態は違いました。

速度と走行時間にもよりますが、半袖だと寒くなってしまいます。

そして、冬は50km/hくらいまでが限界!

寒くてオープンカーの楽しさが激減です。

ですので、BMW Z4(E85)には、やはりウインドウディフレクターが必須アイテムです。

そこで、ウインドディフレクターを取り付けようと思ったのですが、純正オプション品は値段も高くて、少し色が付いているみたいで、せっかく良い後方の視界が悪くなような気もしました。

そこで社外品で良さそうなものがないかと探していたところ、某オークションサイトにて、価格も手ごろなウインドディフレクターを発見!

さっそく落札してみました。

自作という選択肢もありましたが、送料込みで1万円ちょっとだったので、どんなものか?

という確認の意味も含めて!

スポンサーリンク


社外 ウインドディフレクター

3mmのアクリル製で、透明!

オプションでスモークにしたり、厚さを5mmにしたりできました。

付けたり外したりが面倒なので、視界を悪化させない透明で、5mmの仕様にしてもらいました。

荷姿

ウインドーディフレクターと固定用のマジックテープが別々に送付されてきました。

ウインドディフレクター(開封姿)

紙のフィルムでキズ等が付かないようになっていましたが…

片面は簡単に剥がれたのですが、逆側で苦戦!

なかなか剥がれてくれませんで…、焦りました(汗

剥離紙をはがしたところ

セロハンテープとガムテープを駆使して、なんとか綺麗に剥がすことが出来ました。

取り付け作業

アクリル板にマジックテープ用の穴があるので、そこを使ってロールバーに固定します。

ただウインドディフレクターの取り付け位置など、細かいことは実際にフィッティングさせてみてという感じ!

※取扱説明書的なものは入っていませんでした。

ウインドディフレクターの固定位置

最初は、隙間が一番少なくなるように取り付けましたが、幌(ソフトトップ)を開閉すると、マジックテープと幌が干渉して、ウインドディフレクターが動くので、ロールバーにある前の段にウインドディフレクターの下側を乗せるように固定しました。

ロールバーとウインドウディフレクターの隙間

でもこの位置だと、ウインドディフレクターとロールバーの下側に、少し隙間が出来てしまうのです!

取り付けたときは気になっていましたが、走行後のインプレッションでは、ここから大量の風が入り込むような感じはなく、問題ありませんでした。

気になった所

幌(ソフトトップ)を開閉する際に、マジックテープと幌が干渉するガサガサ的な音が生じます。

マジックテープが外れたり、緩んだりするようなことは現時点まではないので、問題はないですが、神経質な方は気になる部分だと思います。

ウインドディフレクターの固定(デザイン面)

あとは、見た目が良くないです。

人によって思うところは変わってくると思いますが、デザイン的にはイマイチに感じます。

BMW Z4(E85)の素の状態を知らない方なら、こういったデザインだと思う可能性が高いでしょうが…。

良かった所

風の巻き込みが極端に減りました!

ロールバーの間から風がほとんど来ないので、真冬のオープンを楽しめます。

100km/hで高速走行してもTシャツにライトダウンで寒くないです。

※シートヒーターと暖房併用。

正直、ここまで変化するとは思ってもいなかったので、効果にはびっくりです。

これなら少々見た目が気になっても、実用性が勝ります!

ウインドディフレクターを取り付けた状態のままにしていますが、後方の視界も変わらずです。

5万円まで出せるなら!クリアーでスッキリ取り付けられるウインドディフレクターもありましたが、とりあえずこれでOK!

-BMW Z4(E85) 前期, DIY, 部品

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.