オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

BMW Z4(E85) 前期 DIY

ルームミラーから~FUSEボックスまでの配線作業! BMW Z4(E85) 3.0i 右ハンドル

更新日:

ETCアンテナやドライブレコーダー等の配線作業で!

ルームミラーに取り付けるモニターやレーダー探知機などでも!

今回は、ドライブレコーダーとミラータイプのレーダー探知機取り付けです。

備忘録として書いておきます。

スポンサーリンク


配線ルート

配線を隠すか否かで難易度(作業時間)が変わってきます。

今回は、完全に隠したかったので、内装部品を取り外して、配線はその中を通す事にしました!

1.サンバイザー

まずは、「運転席」「助手席」のサンバイザーを取り外します。

サンバイザーの固定箇所

左右2ケ所、+ネジで固定されています。

2.インテリアライト

ルームライトとリーディングライトが付いている部分を取り外します。

インテリアライト

左側よりも右側(右端)からアプローチすると、外しやすいと思いました。

本体が外れたら、コネクターを切り離します。

車両バッテリーのマイナス端子を外して作業するか否かでも変わりますが!

メインスイッチを長押し(3秒以上)して、ルームライトを切った状態にしておくと良いでしょう。

3.ルーフ解放

屋根を開けます。

4.○○カバー

名称が分かりませんが、サンバイザーやインテリヤライトが付いていた所のカバー(ルーフトップカバー?)を取り外します。

内側のカバー(横向き)

単に差し込んであるだけのようで、手前方向に引いたら、簡単に取れました。

ルーフトップカバー?

5.Aピラーカバー

こちらも名称不明ですが、Aピラー内側のカバーを取り外します。

Aピラーインナートリム

手前というか、斜め上方向といいますか、赤矢印の方向に引いたら、簡単に外れました。

クリップ等のような物で固定されておらず、差し込んであるだけの感じです!

作業がスム-ズに進んで良かったです。

6.エアコン吹き出し口

配線作業を楽にする為、助手席側のエアコン吹き出し口を取り外します。

AC吹き出し(助手席側)上側の目隠しカバー

上側1箇所(化粧カバー有)と下側1箇所、計2か所で固定(+ネジ)されています。

AC吹き出し(助手席側)下側のプラスねじ

ネジを外したら、吹き出し口全体を手前に引いて取り出します。

AC吹き出し(助手席側)撤去後

ちょっと汚れが気になったので、清掃しておきました。

素手だと切り傷ができたりする可能性もあるので、作業グローブ着用にて!

7.レインセンサーカバー

出来るだけ配線を隠したかったので、レインセンサーカバーを取り外して穴あけ加工。

取り外しは、下側からのアプローチが良いかなと思いました。

写真を取り忘れましたが、中心線を挟んで、何カ所か小さなツメで噛み合っています。

レインセンサーカバーに穴!

レーダー探知機の電源とAVケーブル、ドライブレコーダーの電源、計3本の配線が通るように、8mmのドリル刃を使って穴を開けました!

以上で、下準備は完了です。

あとは、FUSEボックス下側のカバー等を外すなど、必用に応じて対応です。

-BMW Z4(E85) 前期, DIY

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.