オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

BMW Z4(E85) 前期 燃費

一泊二日 長野旅行の燃費

投稿日:

上信越道の長野ICから関越自動車道方面へ!

昔は長野に友達が住んでいて、冬になるとスノボを滑りによく上信越自動車道を走っていました。

その時は、片側1車線ずつの対面通行で、少し怖かった記憶があります。

でも今では、完全に二車線化(片側)されたようで、とても走りやすくなっていました。

上信越自動車道

また藤岡JCTまでは、渋滞もなくスムーズに走ることが出来ました。

スポンサーリンク


関越自動車道

関越自動車道に入ると、所々で車の数が増えるシーンがあるものの、渋滞は無く順調に練馬方向へと走れました。

関越自動車道

途中の案内表示では、大泉JCTで数キロの渋滞となっていたので、新座料金所の手前あたりから渋滞もしくは、流れが悪くなるかと思っていましたが、順調に高速道路の走行を終えました。

上信越 長野ICから関越練馬ICまでの高速料金は、5,060円。

この日は土曜日でしたが、お盆休みの交通量分散対策ということで、休日割引の適用がありませんでした。

ETCの休日割が適用なら、3,870円で済んだので、1,190円の損!

初日(10日)が、980円の得だったので、トータルでは210円の損です。

高速代という意味では、大きな影響はなしでした。

環八

その後、環状八号線に入ると、交通量が多くなったものの、渋滞という渋滞はなしでした。

最後の給油時点

自宅近くのエネオスで、この旅、最後の給油を行いました。

前回の給油(長野市内)時点で、350.3kmだったので、596.5kmから差し引くと、この区間での走行距離は、

596.5km-350.3km=246.2km

ENEOSヴィーゴ(ハイオク)の給油量が、20.33Lだったので、

246.2km÷20.33Lで、12.11...km/L

そこそこハイペースで走ってきた割には、燃費良しの印象。

高速区間は、ほぼクルーズコントロールを利用!

オンボード・コンピュータ

オンボード・コンピュータ表示では、11.1km/Lでした。

平均燃費1は、前回の給油時にリセット。

平均燃費2は、自宅出発時にリセットした値となっています。

約600km走行しての平均燃費は、11.2km/Lなので、排気量3000ccのエンジン+5ATの組み合わせとしては、まずまずかと!

満タン法で計算すると、

総給油量は、17.7L+18.7L+20.33Lで、56.73L

596.5km÷56.73L=10.51...km/L

それでも10km/Lは超えてくる感じです。

後期型の6AT搭載であれば、高速道路を走行した割合も高いので、もう少し燃費が良いかなと思いますが、前期型の5ATで不満はないです。

何よりも高速道路を長距離走るなら!

クルーズコントロールが有ると、本当に助かります。

30km/h以上の速度で使える点も良いです。

この年式のBMW Z4では、アダプティブ・クルーズ・コントロールではなくノーマルタイプのクルコンですが、個人的にはACCまでは不要です。

付いていれば、それはそれで便利だとは思いますが…。

ドラレコ

ガーミンの GDR E530!

これも重宝するアイテムの一つです。

⇒アマゾン

⇒楽天市場

⇒Yahoo!

-BMW Z4(E85) 前期, 燃費

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.