オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

BMW 1 series(E87)

ウインド レギュレーター交換(右リアドア) BMW 1シリーズ 118i(E87)

投稿日:

BMW 1シリーズ 118i(E87)のウインドウ レギュレーターを交換しました。

斜め前からのショット

まずはドアの内張を取り外します。

こちらの作業に関しては、以下のページにて紹介。

右リアドアの内張を取り外す! BMW 1シリーズ 118i(E87)

ウインド レギュレータの外取り外し方

まずドアに付いているインシュレーターを破らないように慎重に剥がします。

全部剥がす必要は無く、作業に必要な範囲でOK!

インシュレーター

個人的には新品に交換する必要性を感じませんが、気になる方は予め部品の準備を!

意外と高いのですよね、このインシュレーター。

正確な金額は分かりませんが、4、5千円すると思います。

BMW Z4(E85)用は、7千円はしていたかと(汗

+プチルテープ代も数百円程度。

インシュレーターをはがした状態

インシュレーターを再利用できるようにきれいに剥がしたら、ウインドウガラスとウインドウレギュレーターを切り離します。

ガラスは上の方に移動させて、テープ等で固定!

ウインドウとレギュレータの結合部分

ちょっと分かりにくいですが、ガラスが黄色丸内にある出っ張りにはまっています。

ですので、出っ張り部分を後ろに移動させることで、ガラスとの固定が外れます。

裏側からみた場合

↑後ろ側から見た場合。

実作業では見えていないのですが、たぶん赤矢印あたりを少し後ろに引いたかと…。

それと、ついでに一番左側のゴムパーツだけ新しいウインドウレギュレーターへ移動。

モーターのコネクター

次にモーターのコネクターを切り離します。

3か所のナット

最後にレギュレータを固定しているナット(3か所)を外して、ウインドレギュレータをドアから取り外します。

新旧部品の比較

そしてモーターを新しいウインドウレギュレーターに移植します。

モーター固定箇所

トルクスボルト(T20)3か所で固定されていました。

ちなみに新しいレギュレータには、+のネジが付属していたので、そちらで固定。

あとは、取り外しと逆の手順で新しいウインドウレギュレーターを取り付けます。

ポイントを挙げるとすれば、ウインドウガラスとレギュレータの位置になるかと思います。

レギュレータを仮止めした状態で何度かウインドウガラスを上げ下げして、スムーズに動く位置で本止め!

それと、オートでの上昇が行われなかったので、ウインドウを一番下げたところと上げた位置でPWスイッチを長押ししたらオート機能が回復しました。

正確な作業方法は分かりませんが、ウインドウ位置の設定(記憶)が必要なのかもしれないです。

正しい方法は、BMW正規ディーラー等に確認してください!

-BMW 1 series(E87)

Copyright© オープンカーで行こう! , 2019 All Rights Reserved.