オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

BMW 1 series(E87)

エアバッグ警告灯が点灯! BMW 1シリーズ(E87)

更新日:

中古で購入後、早々に不具合発生か?!

エンジンを掛けたらエアバッグ警告灯と合わせて、シートベルト未着用の警告灯が点灯しました(汗

さて、これは大問題なのか?

それとも軽微な問題なのか?

エアバッグとシートベルト警告灯

インターネットで調べてみたところ、同じような現象が発生しているケースが幾つもありました。

どうも原因は、助手席シートに乗車しているか?いないか?を判断するためのセンサーの故障のようです。

スポンサーリンク


正規ディーラーにて点検

Z4でお世話になっているBMWの正規ディーラーに車両を持ち込んで、チェックしてもらいました。

結果は、インターネット情報と同じで、助手席着座センサーの不具合で、交換が必要という診断を受けました。

この状態のままだと、もしもの事故などの際に、運転席側のエアバッグは開くが、助手席側は開かない可能性が高いとのことでした。

ということは、この状態を放置するのは危険です。

警告灯の点灯なので、車検も通らないと思いますし…。

そうであれば、直ぐに修理するしか手はありません!

ということで、修理代の見積もりをお願いしたところ…

1)車両テスト実施

4,752円

2)助手席搭乗者識別センサーマット交換

17,820円

3)クリップ

1,720円

4)センサーマット

33,372円

合計 57,664円

約6万円になることが判明!

緊急性は高いかなと思いますが、中古車として購入した車両代金の1/10以上の修理代です。

輸入車、恐るべし!です。

ということで、修理を依頼するかの結論は、翌日に持ち越しとして帰宅しました。

この118iよりも1年古いZ4は、今のところ購入から約半年、走行距離増5,000knのZ4はトラブル無しなんですが…。

経過観察

専用機器で警告灯を消すことができない状態ということでしたが、帰宅時には警告灯が消えていました!

もしかして、治っちゃた?!

それならラッキーですが…、翌日の朝一、走り出したときは未だ消えていたのですが、段差を乗り越えた際のショックで、また点灯(汗

ちゃんと修理しないとダメかもなぁ…。

その後も付いたり消えたりで、まれにエアバックの警告が消えて、シートベルトの警告灯だけ点灯する状態の時も!

ただ運転席側および助手席側のシートベルトを着用しても、シートベルトの警告灯は消えませんでした。

第二の選択肢

センサーマットをDIYで交換!

少し安く入手できそうなお店を発見しました。

楽天市場のD-STIMMERというお店です。

⇒楽天市場

価格は、税込 28,674 円で送料は別です。

送料が1千円くらいだとしても、4千円くらい安く購入できます。

ちなみに見積書に記載があった部品番号と同じ物でした。

65779153119

⇒Yahoo!

ヤフーだとTポイントの分だけ安く購入できそうです。

⇒アマゾン

アマゾンでは、取り扱いを確認出来ませんでした。

あとは、部品を揃えられたとして、DIYで交換が出来るかですね!

やってみないと分からないですが、3万円の部品を購入して、出来なかったらヒア汗では済みません。

シート自体を取り外すのにもトルクスが必要になるでしょうし…。

ということで躊躇します。

第三の選択肢

近年では、部品持ち込みで交換(作業)してくれるショップも増えつつあるので、探してみる!

正規ディーラー以外でもBMWを専門に修理しているようなショップもあるので、少し安く済まないか聞いてみる。

第四の選択肢

着座センサーキャンセラー(エミュレータ)を取り付けて対処するような事例が紹介されていました。

費用的なことを考えると、これが一番安く済む可能性があります。

さて?このピンチをどう切り抜けるか検討中!

-BMW 1 series(E87)

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.