オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

マツダのオープンカー

初代 ユーノスロードスター

投稿日:

初代 ユーノスロードスターについて、どんなモデルだったか?など、簡単に歴史を振り返ってみます。

初代 ユーノスロードスター

初代 ユーノスロードスター(NA6CE)

1989年9月に、ユーノス店の専売モデルとして発売開始!

エンジンは、1600ccを搭載(ノーマルモデル)。

総排気量

1597cc

エンジン

B6型・水冷直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力

120/6500(ps/rpm)

最大トルク

14.0/5500(kg-m/rpm)

全長×全幅×全高

3970×1675×1235mm

ホイールベース

2265mm

車両重量

940kg

変速機

5速MT

サスペンション

前後ダブルウィッシュボーン式

スポンサーリンク


Vスペシャル

1990年7月には、グリーンのボディにタン色の内装を組み合わせ、本革シートやイタリアのナルディ社の木製ステアリング、シフトノブを採用した「ユーノスロードスター Vスペシャル」が登場!

ユーノス・ロードスター Vスペシャル

車両重量

950kg - 980kg

変速機

5速MTに加え4速AT

Sスペシャル

1992年7月には、足廻りを強化してスポーツ性能を高めた「ロードスター Sスペシャル」を発表。

ドイツのビルシュタイン社製のダンパーを使用したサスペンション、同じく独のBBS社製アルミホイール、伊のナルディ社製の本革巻ステアリングおよびシフトノブ、リアスポイラーを装備。

ロードスター Sスペシャル

車両重量

960kg

変速機

5速MT

NORMAL MODEL(NA8C)

1993年7月、国内外から寄せられた1600ccエンジンのパワー不足を指摘する声を反映し、エンジンの排気量を200ccアップした1800ccモデル登場。

エンジンの出力アップに伴い、ブレーキやボディの補強も実施されました。

エンジン出力は、20馬力アップ!

最大トルクも発生回転数が、2千回転下がり、2kg-m向上!

ノーマル 1.8Lエンジン搭載モデル

総排気量

1839cc

エンジン

BP型・水冷直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力

130/6500(ps/rpm)

最大トルク

16.0/4500(kg-m/rpm)

全長×全幅×全高

3955×1675×1235mm

ホイールベース

2265mm

車両重量

990kg

変速機

5MT/4AT

サスペンション

前後ダブルウィッシュボーン式

NORMAL MODEL(NA8C)

1995年8月には、軽量フライホイールの採用によるエンジンの応答性(レスポンス)の向上など、商品改良を施されました。

ノーマル 軽量フライホイール搭載車

車重

980kg - 1020kg

1998年1月

初代から二代目へ時代が変わります。

初代ユーノス・ロードスターの細かなグレード展開などは、以下のカーセンサーのページが分かりやすいです。

1989年9月~1997年12月生産モデル

ちなみに私のオープンカーライフのきっかけが、この初代ロードスター(NA8C)です。

RS-リミテッド

色々と手が掛かるクルマでしたが、今となっては良い思い出です!

-マツダのオープンカー

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.