オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

マツダのオープンカー

三代目 マツダ ロードスター

更新日:

二代目からバトンを受け取った三代目 マツダ・ロードスターは、全幅が拡大されて、5ナンバーサイズ枠から3ナンバーサイズへ!

ここでは、かんたんに!この新型マツダ ロードスターの歴史を振り返ってみます。

三代目 マツダ ロードスター

三代目 マツダ ロードスター(NC系)

2005年8月に、三代目へが発売!

この新型ロードスターは、初代から継承する「人馬一体」の開発コンセプトを基に開発。

軽量かつコンパクトな新開発2.0L MZRエンジンを採用。

ライトウェイトオープンカーとしての性能を更に向上させました。

総排気量

1998cc

エンジン

LF型・水冷直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力

▼ AT

166/6700(ps/rpm)

▼ MT

170/6700(ps/rpm)

最大トルク

19.3/5000(kg-m/rpm)

AT、MT同スペック。

全長×全幅×全高

3995×1720×1245mm

ホイールベース

2330mm

全長40mmの拡大に対して、ホイールベースは、65mm伸びました。

車両重量

1090 - 1100kg

変速機

5速MT/6速MT/6速AT

サスペンション

前:ダブルウィッシュボーン式

後:マルチリンク式

後ろ側のサスペンションが、ダブルウィッシュボーンから変更。

スポンサーリンク


3nd Generation Limited

同2005年8月に、導入記念モデルとして、限定台数500台で発売。

新型ロードスターの特徴であるスポーティ感および上質感をさらに進化させたモデルです。

ライトウェイトオープンスポーツの伝統をモダンに表現し、プレミアム感を強調!

3nd Generation Limited

車両重量

1100kg

変速機

6MT

ロードスター パワーリトラクタブルハードトップ

2006年8月、操作しやすい電動開閉システムを備えた軽量のハードトップを組みながら、トランクスペースを全く犠牲にしない画期的な構造を採用。

人馬一体の走る歓びと、多彩で個性豊かなライトウェイトスポーツの楽しさを、より気軽に、スマートに実感させてくれる電動ハードトップモデル。

ロードスター パワーリトラクタブルハードトップ

全長×全幅×全高

3995×1720×1255m

ソフトトップと比較すると、10mm全高が高くなっています!

車両重量

1130kg - 1140kg

変速機

5MT/6MT/6AT

マイナーチェンジ

2008年12月

初代から継承する「人馬一体」のコンセプトを基に、内外装のデザインおよび質感、機能性、走行性能を細部にわたって進化・熟成させることにより、様々なFUN(歓び)を提供する同車ならではの魅力・商品性を高めたモデル。

マイナーチェンジ モデル

全長×全幅×全高

4020×1720×1245mm

全長を25mm延長。

フロントバンパー等のデザインによるもと思われます。

車両重量

1100kg - 1120kg

変速機

5MT/6MT

ソフトトップモデルから6ATが廃止に。

BLACK TUNED

2011年10月に、ルーフ・ドアミラー・アルミホイールをブラック調で統一したスタイリッシュな特別仕様車。

スピリテッドグリーンメタリックとベロシティレッドマイカの専用ボディ色も設定。

BLACK TUNED ロードスター

 

全長×全幅×全高

4020×1720×1255mm

車両重量

1150 - 1160kg

変速機

6MT/6EC-AT

詳細は、以下のマツダ・ニュースリリースにて!

特別仕様車「マツダ ロードスター BLACK TUNED」を発売
-専用カラーのパワーリトラクタブルハードトップやアルミホイールなどを装備したスタイリッシュモデル-

2015年5月

三代目から四代目へと世代交代。

三代目 マツダ ロードスターの更に細かなモデル変遷は、以下のカーセンサーのページで確認できます。

2005年8月~2015年4月生産モデル

ちなみに、この三代目は新車で購入しました!

購入したマツダロードスター

モデルチェンジして直ぐだったと思います。

当時を思い出して、無性にMT車を運転したい気分です!

-マツダのオープンカー

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.