オープンカーで行こう!

春夏秋冬、季節を問わず、雨の日以外はルーフ全開で…

マツダのオープンカー

二代目 マツダロードスター

投稿日:

ユーノス ロードスター改め!二代目 マツダ・ロードスターは、どんなオープンカーであったか?等、簡潔に歴史を振り返ってみます。

二代目 マツダ ロードスター

二代目 マツダ ロードスター(NB6C/8C)

1998年1月に、二代目へと進化して発売されました。

初代では廃止された、1600ccエンジンを搭載したモデルも復活!

総排気量

1597cc/1839cc

エンジン

B6型(BP型)・水冷直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力

▼ 1600cc

125/6500(ps/rpm)

▼ 1800cc

145/6500(ps/rpm)

最大トルク

▼ 1600cc

14.5/5000(kg-m/rpm)

▼ 1800cc

16.0/5000(kg-m/rpm)

全長×全幅×全高

3955×1680×1235mm

ホイールベース

2265mm

車両重量

▼ 1600cc

1010 - 1040kg

▼ 1800cc

1030 - 1060kg

変速機

5速MT/6速MT/4速AT

サスペンション

前後ダブルウィッシュボーン式

スポンサーリンク


マツダスピード ロードスター

2001年5月には、限定台数200台。

減衰力4段調整式のダンパーを採用し、ユーザーが走行シーンに合わせて減素力を調整(セッティング)できるサスペンションに、排気効率を高めたエキゾーストマニホールド、心地よいエキゾーストサウンド(排気音)を楽しめるスポーツサウンドマフラーをなど装備した、マツダスピードロードスターが発売に!

マツダスピード ロードスター

エンジン

BP型・水冷直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力

160/7000(ps/rpm)

ノーマル比、15PSアップ!

最大トルク

17.3/5500(kg-m/rpm)

ノーマル比、1.3kg-mアップ!

全長×全幅×全高

3955×1680×1220mm

ノーマル比、車高1.5cmローダウン!

車両重量

1090kg

変速機

6MT

ロードスター クーペType A

2003年10月には、伝統的なレーシングカーを思わせるオーセンティックなデザインの「クーペType A」が発売。

限定200台!

また落ち着きのあるエレガントなデザインをまとった「クーペType E」も150台限定で発売。

ロードスター クーペType A

エンジン

BP型・水冷直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力

160/7000(ps/rpm)

最大トルク

17.3/5500(kg-m/rpm)

全長×全幅×全高

3955×1680×1240mm

ノーマル比、車高0.5cmアップ!

車両重量

1110kg

変速機

6MT

ロードスター クーペType E

2003年10月、落ち着きのあるエレガントなデザインをまとった「クーペType E」も150台限定で発売。

ロードスター クーペType E

エンジン

BP型・水冷直列4気筒DOHC16バルブ

最高出力

154/7000(ps/rpm)

最大トルク

17.0/5500(kg-m/rpm)

全長×全幅×全高

3955×1680×1240mm

車両重量

1090kg

変速機

4AT

ロードスター ターボ

2003年12月には、ロードスター初のターボエンジン搭載モデルが、限定350台で登場!

ライトウェイトスポーツの真価である人馬一体を追求。

インタークラー付きのターボエンジンを採用するとともに、シャーシもチューニングを施し、より高次元でバランスさせた。

ロードスター ターボ

総排気量

1839cc

エンジン

BP型・水冷直列4気筒DOHC16バルブ インタークラー付ターボ

最高出力

172/6000(ps/rpm)

ノーマル比、27PSアップ!

最大トルク

21.3/5500(kg-m/rpm)

ノーマル比、7.3kg-m向上!

全長×全幅×全高

3955×1680×1235mm

車両重量

1120kg

変速機

6MT

2005年8月

二代目の役目を終えて、三代目が発売に!

二代目 マツダ・ロードスターのマイナーチェンジのタイミングなどは、以下のカーセンサーのページをご覧ください。

1998年1月~2005年7月生産モデル

次に購入するなら!この二代目のロードスターです。

初代と三代目は所有歴があるので、そこを埋める形で!

↓このあたりのグレードが気になりますが…

マツダスピード・ロードスター

年式から考えても10万キロ以下のモデルは希少で、100万円以上!

ロードスターターボ

状態が良いものだと、200万円オーバーも!

希少グレードでないものであれば、手ごろな価格帯なので、コツコツと自分好みに仕上げるのも楽しそうです。

中古車で購入する場合、これまでのNA8Cロードスターにしても今のBMW Z4にしても社外パーツ豊富な個体を購入することが多いですが!

-マツダのオープンカー

Copyright© オープンカーで行こう! , 2018 All Rights Reserved.